インプラント治療に関する情報サイト

知っていれば怖くない!インプラントの仕組み

正しい知識を身に着けよう

第三の歯とも呼ばれるインプラントは、失った歯の根の部分に人工歯根を入れ、見た目と噛む力を取り戻していく治療法です。

インプラント治療が一般的に施されるようになったのは、60年代です。
現代の治療法は当時よりもさらに進化を遂げており、これから先も発展を続けるとされています。

ところで、インプラント治療の歴史が実はとても古いということをご存知でしょうか。
なんと、インカ文明やエジプト文明に、その片鱗が見られるそうなのです。
亡くなった方に対する儀式の一環として、死後サファイヤや象牙といった物を歯根に埋め込むことがあったようですが、明らかに生前に行われた治療の跡らしきものが、西暦700年代のマヤ族の女性の骨に発見されているのです。

現代のインプラント治療にはチタンが使用されています。
これまでに、金や鉄、ステンレスやアルミなど様々な素材がインプラント治療に用いられてきましたが、チタン以上に適した素材はないと言われています。

インプラント治療の成功率はとても高く、専門医であれば90%以上を誇るとされています。
技術不足な医師の施術や、患者自身の体調に問題があるといった場合でない限り、失敗することはまずないでしょう。
治療後のメンテナンスも怠ることなくきちんと行えば、長期間健康な状態を維持することが可能です。

しかし、注意点が存在することも確かです。
このサイトでは、インプラントの注意点についても紹介していきます。

健康名を手に入れよう!インプラントのあれこれをご紹介

歯を失った際の治療に入れ歯やブリッジ、インプラントがあります。 インプラントは手術が必要なため、怖いイメージを持つ人もいるでしょう。 確かに、安易にインプラントに手を出すことは危険な場合もありますが、正しい知識があれば恐れることはありません。 そこで、インプラントのメリットやデメリットについて紹介します。

入れ歯やブリッジと異なるデメリット

歯を失った場合、従来は入れ歯かブリッジどちらかの治療法を行っていましたが、これらにはメリットだけでなくデメリットがあります。 もちろんインプラントにもデメリットはあるのですが、他の二つとは少々内容が異なります。 きちんとメリット、デメリットを理解して治療に臨みましょう。

クリニック選びに気を付けて

インプラント治療の失敗が怖いという人も多いはずです。 インプラントが失敗するのは、医師の技術不足や部品にコストをかけていないといった場合があるようです。 治療の実績がある歯科医師がいるクリニックで治療を受けましょう。 カウンセリングをきちんと行ってくれるかという点も、クリニック選びの基準になりますよ。