>

入れ歯やブリッジと異なるデメリット

失敗した際に起こること

インプラントは顎の骨に土台を埋入しますが、骨と定着しないと意味がありません。
まれに骨と定着しないことが起こりますが、これは適切な位置に埋め込まれていない、あるいは処置の際に周囲を傷つけたことが原因です。
骨密度が低い等、患者の体質に問題があることもあります。
人口歯が割れたり取れたりする場合は、材質に問題があったり、装着具が緩んでいるといったことが原因です。
いつまでも痛みやしびれが続く場合は、インプラントが神経を圧迫していたり、患部の周囲が炎症を起こしていることがあります。
また、インプラント治療後にメンテナンスを怠り歯周病になると、せっかく埋入したインプラントがぐらぐらしてきます。
手術中に感染症にかかった場合も、このようなことが起こります。

クリニックの選び方

患者の体質等に問題がある場合を除き、インプラントの失敗を避けるには良い歯科医師と出会うことが重要です。
まず、クリニック選びはしっかりしましょう。
ホームページを確認し、過去にどれだけの症例があるか、どう対応してきたかが掲載されているところを選んでみるといいでしょう。
カウンセリングをきちんと行ってくれるかもポイントです。
治療計画だけでなく、費用や治療に伴う生活に関すること等、しっかりと説明してくれるクリニックを選びましょう。
また、術後のケアも行っているところを選ばないといけません。
インプラントは長く付き合っていくものなので、術後何年経っても診てくれるかは重要です。
治療に使われる素材が安価で粗悪な物でないか、といったことも確認しましょう。
優良なクリニックなら、なにを使うかきちんと教えてくれるはずです。


この記事をシェアする